冷却された脂肪細胞がアポトーシス(人体において不要となった細胞が自ら死滅)し、新陳代謝により体外へ排出されるといったプロセスを繰り返すことにより、脂肪そのものを減少させます。

皮膚の上に特殊な保護シートをのせ、専用のヘッドで吸引していきます。   吸引した部分の脂肪が4℃以下になるように冷却していきます。   45分~60分の冷却後、ヘッドに吸引された脂肪の最大20%がアポトーシスをおこします。   アポトーシスをおこした脂肪が自然な代謝の流れに沿って体外へ排出されることにより、サイズダウンが期待できます。

ページのトップへ戻る